診療案内

夏に増加する皮膚疾患

とびひ

とびひ(伝染性膿痂疹)とは

湿疹やあせも、虫刺されなどを掻くと、皮膚に小さな傷ができます。その傷に細菌が感染して発症するのが伝染性膿痂疹です。掻くことで、全身へ広がる様子が、火事が飛び火する様に似ているため、"とびひ"と呼ばれています。とびひには、水疱(水ぶくれ)をおこす水疱性膿痂疹と、痂皮(かさぶた)ができる痂皮性膿痂疹の2種類があります。

水疱性膿痂疹

乳幼児に発症しやすく、夏に多くみられます。皮膚に入り込んだ細菌の産生する毒素によって、皮膚に痒みのある小さな水ぶくれができます。水ぶくれは、膿をもつようになり、その部分を掻くことで、体の他の部位に広がっていきます。

痂皮性膿痂疹

年齢や季節に関係なく発症します。皮膚の発赤と膿疱(膿をもった水ぶくれ)から始まり、痂皮(かさぶた)になります。発熱やリンパ節の腫れを伴うことがあります。アトピー性皮膚炎に合併することがあります。

とびひの原因と治療

とびひの原因菌は、黄色ブドウ球菌やA群レンサ球菌という種類の事が多く、治療は主に抗菌薬(飲み薬、塗り薬)を使います。痒みが強い場合は、抗アレルギー薬という飲み薬を使うことがあります。

生活での注意点

皮膚に感染した細菌を減らすために、石鹸とシャワーでよく洗いましょう。治療中は、患部に軟膏を塗ってガーゼ等で覆い、他人へ伝染しないように注意が必要です。

とびひ